FC2ブログ
OKC代表のブログです。
大学生は子供?大人?
近年、高校や大学で学校の授業の一環として、
3ヶ月以上の留学プログラムが増えつつあります。
中学でも3ヶ月だけでなく、
学年全員で1年間留学する中学校もあります。

OKCの学校関係の取り扱いでは10年前迄は
ほとんどが4週間以内の短期研修で、
3ヶ月以上の研修は5~6校でした。

今年度は大学が20校を超え、高校・中学では30校を超えており、
10年前と比較して約10倍増となりました。
この状況は単なる思い出旅行型研修から成果型への変化であり、
より本格的な研修が求められているのだと思います。

長期研修や留学に求められる内容や目的として、
5つのポイントが上げられます。
1.本格的な英語力
2.専門性
3.実習体験
4.世界に通用する国際性を身につける
5.自立心

多くの学校がこのような目標を掲げて実施されています。
事実、参加した学生が大きな成果をあげて帰国されています。
就職に有利であったり、将来の進路の発見に繋がったり、
大学受験でワンランク上の大学に合格したり、
そしてほとんど全員の参加者がご両親に感謝の言葉を述べることです。

長期研修のお手伝いをして、
このような目に見える具体的な成果を聞くことは
私どもにとっても大きな喜びであります。

しかしながら、あまり感心しない参加者や保護者の方も見受けられます。

最近、長期研修に参加する大学生のお母さんが
参加学生に出発前の準備や現地留学生活における
必要事項を事前オリエンテーションで説明し、書類でも渡し、
自分で準備すること、もし分からないことがあれば
本人がOKCに問い合わせてくださいと、
案内しておりますが参加者本人ではなく、
お母さんがすべて問い合わせて来られるのです。

準備から留学が始まっているのです。
何ヶ月も海外で暮らすのですから、
自分で準備するのも留学の目的でもあるのです。
と説明してもお母さんが問い合わせて来られるのです。
まだまだ子供なのでと言われるのです。

大学生は大人?子供?皆さんはどう思われますか


スポンサーサイト

テーマ:留学 - ジャンル:海外情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック