FC2ブログ
OKC代表のブログです。
時々やって来る三毛猫
今から2年ほど前に野良猫の家族を助けたことがあります。その時、母猫はガリガリに痩せて、子猫3匹も生後2ヶ月位で痩せて、我が家の庭のベンチの下で震えながらか弱い声で泣いていました。母猫はお乳も十分出ないようで、痩せた体を子猫達の横でぐったりとして、横たわっていました。

我が家の庭で母猫と子猫達がお腹をすかして横たわっている。私はその様子を見て助けてあげようと思いました。直ぐに以前飼っていた小型犬シーズーの食器にミルクを入れ、キャットフードはありませんでしたのでちくわを小さく切ってあげました。子猫達はミルクを美味しそうにそして競うように食べたのです。しかし母猫は子供達が食べているのをじっと見ているのでした。お母さんだってお腹がすいている筈なのに食べないのです。私は別の食器にミルクとちくわを入れてお母さんようにあげると、ヨロヨロしながら少しずつ食べたのでした。

私は母猫に辛かったね、必ず助けてあげるから安心していいよと話しかけました。猫家族の為に木箱と段ボールを組立て中にバスタオルを置いて寝床を作ったのでした。翌日からキャットフードを買って、ミルクと一緒にあげたのです。その夜猫たちは安心したのか家族全員でスースーと寝入りに就いたのでした。

その後、3か月後母猫がいなくなり、6か月後に男の子がいなくなり、2匹の女の子が約1年間暮らしていました。昨年の7月頃、ある日突然近くの野良猫のボスの猫に追われて2匹とも姿を消したのです。
私は暫くの間、家で飼っているセントバーナードのエルと一緒に散歩に出ると、裏山の木陰を探したりしていました。結局見つかりませんでした。そして4か月経った11月初旬でした、夜の0時頃、体が弱っていたエルが、私を見ながらワンと鳴いて裏庭をジーっと見たのでした。
私が何気に庭を見ますと猫がいたのです。それもいなくなった子猫の三毛猫(ミケ)でした。
私とエルは裏のガラス戸を開けますと、ミケは私の足元に来てスリスリと挨拶してきたのです。
ミケはエルの足元にも来てスリスリして挨拶したのです。エルも優しく体を横たえたのでした。私はすぐにミルクとキャットフードをあげたのでした。ミケはお腹が空いていたのか美味しそうに残さず食べたのでした。私はまた戻っておいでと話しかけました。
でもミケは戻って来ませんでした。

それから3週間後エルが天国へ旅立ったのでした。お通夜の夜でした。エルを偲んでご近所の方々が来ていました。奥さんの一人が私に、ご主人庭に猫がいますよと教えてくれました。見ると、三毛猫と黒猫がいたのです。まるでエルにお別れの挨拶に来たように見えました。
私がエルが亡くなったよ言いますと、ジーっと安らかに眠っているエルの方を見て暫くすると、そっといなくなりました。
私はエルが亡くなって人生に穴があいたような寂しさを感じて過ごしています。
エルが亡くなって2週間位した夜でした。私が寝ようと寝室に行こうとすると猫の鳴き声が聞こえたのです。ふっと庭を見ますとミケがいたのです。ガラス戸を開けますとそっと来て擦り寄ってくるのです。どうしていたんだい?元気だったのかい?ミケは食事を食べて私に暫く撫でて
もらうといなくなるのです。
そして、月に1-2回ふらりとやって来て、食事を食べて私に撫でてもらい、何処かへ行ってしまうのです。私はミケの後ろ姿に、いつでも来たい時においでと話しかけたのでした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック