FC2ブログ
OKC代表のブログです。
日本の近未来社会
日本政府が描く近未来成長戦略が日経新聞に出ていました。それによると、これからの20年間は過去の20年間と全く違う社会が訪れようとしています。いろんな分野で変革が始まろうとしているのです。成長戦略のキーワードは人工知能とロボットです。特徴的なのは移動革命と健康寿命の延伸の2つの分野が大きく変わることを実感しました。生活活動や労働の現場が大変便利になる一方で、新たな問題が発生することも心配になりました。
人類が発生し、辿ってきた歴史は技術の進歩の歴史だったと言えます。数知れない戦争を経験し多くの人々が犠牲となる歴史を繰り返し、その一方では人類に貢献する技術革新や発見を行い、何万年の歴史を経て、人間が人間らしく暮らせる民主主義社会が実現したのが20世紀だったと思います。
これから20年間の変化を考えますと、今までの20年間は20世紀の延長だったような気がします。まさしく今ここに、本当の21世紀社会が始まろうしていると言えます。医療分野ではAI(人工知能)を使った診療のサポート、介護ロボット導入の促進など、医薬品や医療技術の革命的進歩で、平均寿命120歳が実現する社会になろうとしています。
移動分野では自動車の完全自動運転やドローンによる荷物配送もが実用化されようとしています。
工場、原発、建築現場、道路工事、スーパー、コンビニ、役場や銀行の窓口でのロボットの多様化、農業ではロボットによる種蒔きや収穫などです、農業でロボットの活用が進むと、農業従事者の減少や高齢化の解決につながります。このように多くの職場で人工知能やロボットがそれらの労働を行うようになろうとしています。若年人口の減少と高齢化社会の到来に備えて、日本は人工知能とロボットを活用した、世界最先端の科学技術立国と近未来社会を築こうとしています。
しかし、問題は人工知能とロボットの発達で、多くの人々が職を失うことになります。職を失う人は、運転手、工場労働者だけでなく、人工知能の発達で頭脳労働者も職を失う可能性が出てきます。
例えば、会計士、弁護士の一部、司法書士、行政書士、多くの一般サラリーマンなどが失う可能性が大きいのです。今まで人類が経験したことがない全く新しい社会が出現しようとしているのです。
知恵と戦略を駆使する人間が最も得意とする頭脳ゲームである囲碁で世界王者がすべて人工知能に敗れています。まだ人工知能の活用が始まったばかりなのにです。2045年には人工知能の能力が人類の能力を越える時代が来ようとしています。
私たちは科学技術の発達で何を得て、何を失うのでしょうか?
人類の幸せに繋がる未来社会はどうしたら実現出来るのでしょうか?

大人のみなさん! どのような社会を築かれますか?
学校の先生のみなさん! これからの教育はどうあるべきでしょうか?
未来の大人のみなさん! どのような未来の夢を見て生きていきますか?

その道がどんなに遠くても、どんなに困難であっても人類が等しく幸せで
生きとし生けるすべてのもの、地球に優しい社会をみんなで築く、
そんな社会が実現出来ることを信じています。いや信じたい。
私たちは人間なのですから・・・・


代表ブログ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック