FC2ブログ
OKC代表のブログです。
癒しのエル
先日4ヶ月ぶりに多摩センター三越のスタバでエルと一緒にテラスでコーヒーを飲んでいましたら、
小学生の女の子とお母さんが声をかけてきました。やっと会えました、ここ数か月三越に来るたび
エルちゃんに会えないかと探していたのです。実は3年前の大地震で宮城から東京に避難して来られていたとのこと、そして4月に宮城に帰るそうで、帰る前にもう一度エルに会いたいと、小学生の娘さんが願っていたそうです。やっと会えた女の子は何も言わずエルの体に手を触れて,ただ優しい眼差しでエルを撫でながら見つめていたのです。そしてしばらくすると、ありがとうと言ってお母さんと去っていきました。私はいつかまたご縁があったら会いましょう、どうかお元気で頑張って下さいと声をかけたのでした。
私はエルに『良かったね、お前は女の子の心を癒したんだ、パパは嬉しいよ、』後でソフトクリームを買ってあげるからねと話していましたら、二人の老夫婦の方が話しかけられて来られたのです。
『毎週三越に来てはエルちゃんを探していたんですよ、エルちゃんかご主人に何か病気か事故があったのではないかと心配していました。ブログを見てご自宅にお伺いしようかと思っていたんです。』結構多くの人がエルちゃんに会えないので寂しいと言っていますと話されたのでした。確かにスタバにいる1時間の間に10人以上の人に声をかけられたのでした。
私は本当に驚きました。これだけ多くの人から愛されるエル、そして人々を癒しているエル、
最初にエルと出逢った時のことを思い出していました。8年前エルは生後5か月の子犬でした。
ガリガリに痩せきちんと立てないぐらい栄養失調の状態でした。誰も見ようともせず抱こうともしないまさに、あと2週間で処分される運命の子だったのです。
娘のあまりにも可哀想、助けてあげたい、パパ助けてあげてとの声に、私は思ったのです。『この子に罪はない、何の罪もない、きっと生まれて今日まで、ただ辛い5か月だったのだろうと』
私はエルに言いました。『うちにおいで必ず幸せにしてあげるからね』、あれから8年が経ちました
こうしてエルは多くの人を癒している、本当に助けて良かったと思っています。そして私こそ心を癒されているのだと、『エルありがとう』

blog_20140331.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック