OKCオセアニア交流センター代表のブログです。
エルはもうすぐ13才
エルは今年12月が来ると13才になります。人間に例えると90才台となり、13才を迎えると100才位に相当するそうです。今まで熱中症に2度程なり、体温が42度迄上がり大変危険な状況になった事もありました。しかし、それ以外は病気らしい病気もすることなく元気に過ごして来ました。食欲も旺盛で相変わらず、甘いものとアイスクリームが大好きで、ただ一つ、長距離の散歩が出来なくなったことです。2年前まではほぼ毎日2時間近く散歩に行っていたのですが、ここ半年は我が家の隣にある公園に行くことがやっとのこととなったのです。2-3段の階段でもヨレヨレしながらヨッコラショと上がるのです。しかも私が後ろから支えてやっとのことで上がるのです。
それでもエルは公園に行きたがります。公園に着くと芝生に横たわり。私の膝枕の中で微睡むのです。秋の到来を思わせる涼しげな風が吹き、顔の毛をサワサワと揺らし木の葉が少しずつ舞い落ちる夕暮れ時、エルは私の膝の上で1時間近くのんびりと過ごすのです。

私は最近出張が多いのですが、家内の話によりますと2日も3日も自分の寝床に行かず、玄関で私の帰りをひたすら待っているそうです。いくら家族の者がパパは今日は帰らないよ、と言っても振り返るだけで、朝も夜もジーっと待っているそうです。
時々夜中にクーンクーンと泣く声が聞こえるそうです。そんな中、私が帰って来ますとクーンと一声泣いて後は私に無言で全身を摺り寄せてくるのです。
私はエルに待ったかい?ごめんよ、ゴメンよと言いながらエルを抱きしめるのでした。

blog20171004.png


スポンサーサイト
エルはもうすぐ13才
エルは今年12月が来ると13才になります。人間に例えると90才台となり、13才を迎えると100才位に相当するそうです。今まで熱中症に2度程なり、体温が42度迄上がり大変危険な状況になった事もありました。しかし、それ以外は病気らしい病気もすることなく元気に過ごして来ました。食欲も旺盛で相変わらず、甘いものとアイスクリームが大好きで、ただ一つ、長距離の散歩が出来なくなったことです。2年前まではほぼ毎日2時間近く散歩に行っていたのですが、ここ半年は我が家の隣にある公園に行くことがやっとのこととなったのです。2-3段の階段でもヨレヨレしながらヨッコラショと上がるのです。しかも私が後ろから支えてやっとのことで上がるのです。
それでもエルは公園に行きたがります。公園に着くと芝生に横たわり。私の膝枕の中で微睡むのです。秋の到来を思わせる涼しげな風が吹き、顔の毛をサワサワと揺らし木の葉が少しずつ舞い落ちる夕暮れ時、エルは私の膝の上で1時間近くのんびりと過ごすのです。

私は最近出張が多いのですが、家内の話によりますと2日も3日も自分の寝床に行かず、玄関で私の帰りをひたすら待っているそうです。いくら家族の者がパパは今日は帰らないよ、と言っても振り返るだけで、朝も夜もジーっと待っているそうです。
時々夜中にクーンクーンと泣く声が聞こえるそうです。そんな中、私が帰って来ますとクーンと一声泣いて後は私に無言で全身を摺り寄せてくるのです。
私はエルに待ったかい?ごめんよ、ゴメンよと言いながらエルを抱きしめるのでした。

blog20171004.png

中学・高校生のグローバル教育とは
最近、すべての分野でグローバル化が叫ばれています。経済、スポーツ、科学、文化、農業などなど、地球規模でグローバル化が促進されています。まさしく21世紀の時代はすべての分野でグローバル化の時代になったと言えるでしょう。パソコンの発達により地球上の事件や出来事が瞬時に、言葉の違いや国境を越えて世界中に伝わるようになりました。
これからの時代を生きる個人、企業、団体は、もちろん政府も世界的視野で考え・行動しなければいけない時代になったと言えるでしょう。例え国内問題であっても、その問題が海外ではどのように解決し取り組んでいるかなどを検証し、地球人としての考えが求められるでしょう。

科学技術の発達は企業活動が地球規模で大規模に活動の場を広げ、社会生活も大変便利になり、医学の進歩は更なる長寿社を実現させるでしょう。
そんな近未来社会の到来の中で日本は大きな課題に直面しようとしています。
国内問題としては、少子高齢化が猛烈な勢いで進行し深刻な時代を迎えようとしています。
そして人工知能とロボットの発達により2030年には地球上に存在する全職業の半分が人工知能とロボットに取って代わられる時代がやって来ると言われています。

このような人類が過去経験したことがない大変革の時代を迎える中で、今を生きる若者はどのように立ち向かっていこうとしているのでしょうか、私たち大人は子供たちに何を教え、育てようとしているのでしょうか、今まさしく真のグローバル教育が求められています。
チャレンジ精神に溢れ、物事を深く考える思考力、そして若者ならではの新しい発想力、今こそ、世界的視野で考え・行動するそんな若者が求められているのです。
そのような人材育成には、可能ならばできるだけ多くの若者が海外に出かけ、世界を見てくる、多様な文化に接し多くの人々と交流する、そのような経験が学問への探求心、語学力、問題解決能力を有する真の自立した若者、グローバル人材の育成につながると信じています。

最近中学・高校主催による授業の一環としての留学が増えていますが、実施される学校によって参加条件を設けている学校があります。春休みや夏休みの研修と違って学校の授業を受けませんが学校認定の留学ですので、ある程度の参加条件は必要とは思いますが、私見ですが、中学生・高校生の留学は成績、英語力より自立を目的とすることが重要ではないかと思います。
経験上あまり成績が良くない生徒が英語力を伸ばし、たくましく成長し成績も伸ばしている多くの実例を見てきました。その結果、他の生徒への良い刺激となり学校全体のレベルアップに繋がっており、多様な人材の育成に結実していると思われます。
自立こそがグローバル教育の第一歩であり、留学こそが最適の道になると思います。
未来の日本
最近、未来の年表というタイトルの本を読みました。大変面白く一気に読みました。
読み終わった後、言い知れぬ不安と溜息が出てまいりました。
私たちが子供のころ、20世紀の中で戦後に生まれ、子供時代は鉄腕アトムを読みドラえもんに親しみを持ち、日本経済は新幹線が走り高度成長まっしぐらの中で成長してまいりました。誰もが未来は明るい社会が待っていると思っていました。21世紀は科学技術の進歩で生活や仕事が大変便利になり、医学の進歩でみんなが健康で長寿な社会でより人間らしい社会生活が出来る。21世紀はそんな時代が到来すると思っていました。
しかしそんな安楽な時代になるとは言えない、確かに科学技術の進歩で便利な社会になることは間違いないと思いますが、一方で多くの課題や問題が発生し日本の将来にとって大変厳しい状況が発生しようとしています。日本は過去の歴史においても多くの困難を経験しています。100年続いた戦国時代や第2次世界大戦では戦争と原爆により何百万人の人が犠牲になり、最近では2011年の東日本大震災や原発事故を経験するなど、大きな災難と苦難を経験してまいりました。しかし日本人は幾多の困難を協力し勤勉さと努力で克服し乗り越えて来ました。その日本人の姿は世界の人々から賞賛されています。
故に未来の困難にも日本人は立ち向かい乗り越えていくと信じています。
しかし、これから迎える困難はまさしく老若男女すべての日本人が問題を共有し、取り組まなければ乗り越えられない大変厳しく難しい時代に直面すると思います。

日本が直面する課題
① 少子高齢化
2016年の出生数が100万人を切る。2024年には全人口の3人に一人が65歳以上となる。
子供が減少し高齢者が激増すると働き手が減り、高齢者年金負担が増え、財政負担が困難となる
② 2040年
自治体の半数が消滅する。人口減少で地方の活性化が困難となり多くの失業者が発生することで
経済が悪化し地方のインフラや福祉行政が困難になり、地方自治体半数が破綻する
③ 2030年
地球上の約半分の職業が人工知能とロボットによって取って代わられる。科学技術の進歩が
発展と引き換えに人間が人間として暮らしていく尊厳が脅かされる。
④ 2045年
人工知能が人間の能力を超える
どんな社会が待っているのでしょうか?

これから間違いなくやって来る未来社会に私たちはどう向き合って行けばよいのか?
まずはこの現実を受け止め、そして個人個人が考え、英知を集め個人の幸せと発展を両立させる社会を実現できるか?今まさに問われています。国民一人一人が考えなければいけないと思っています。皆さんのお考えは如何でしょうか?
[未来の日本]の続きを読む
エルの呼ぶ声
夜の2時頃でした。大阪の出張から帰って来たその晩、私は出張の疲れからぐっすりと寝込んでいました。そんな暗闇の中から、私を呼ぶエルの声が聞こえたのです。私は夢うつつで、エルがいつも寝ているサイドベッドに目をやると、寝ているはずのエルがいないのです。すると今度ははっきりとエルの声が聞こえてきました。しかも泣いているような、クーンクーン呼ぶ声が聞こえてきたのです。それは廊下の奥の階段の方から聞こえていました。私はベッドから降りて泣く声の方向に歩いて行ったのです。廊下の電気を点けると、エルはいません、私がエル!と呼びますと、階段の途中で四つ足が開いた状態で、今にも落ちそうな姿勢で泣いているエルがいたのです。夜のトイレに起きて、いつもは私を起こして一緒に階段を下りるのですが、多分私が出張の疲れで起きなかったのだと思います。それで仕方なく一人で階段を下りたのだと思いました。2階の廊下にもトイレ用のパンパースを敷いてあるのですが、エルは子供の時から習慣となっている1階のパンパースで用を足す癖があるのです。セントバーナードの平均寿命7-8歳と言われる中で、エルは今年12月で13歳になります。大変長生きでお婆ちゃんなのです。今は階段を一人で下りれません。そのエルが階段の途中で、四つ足が開いたままで泣いて私を呼んでいたのです。
私は急いでエルを抱えるようにしながら一階に降りました。
エルは余程嬉しかったのかトイレを済ませると、一階のソファで私が眠気の中でぼんやり座っていますと、私の側に来て膝の上に頭を乗せてきたのです。そして、私がエルの体を擦ってあげると、安心したようにスースーと眠りについたのでした。私が起きようとすると、もっと摩ってと催促してくるのです。私は仕方なく片手でエルの手を握り、もう一方の手で体を撫でていると、エルは深い眠りについたのです。時間は夜の3時を過ぎていました。
私『フゥー』